安全と安心

安心・安全についての考え方

久佛建設は、まず家づくりの基本は構造にあると考えています。 長く使う家だからこそ、しっかりと計画をたて、しっかりと造りあげていきます。


万全の検査・保証体制 新築住宅には10年間の瑕疵担保保証がつきます。


●住宅性能保証の流れ
1.基礎配筋検査
1.基礎配筋検査

基礎の配筋が終わると、配筋検査では鉄筋の太さや位置、鉄筋の間隔、補強の仕様や
補強範囲、鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚など、出来上がってしまうと確認することが
できない箇所が適切に施工されているかを確認します。

2.構造体検査

基礎コンクリート打設が終わると主要な構造部をチェックします。

3.外装下地検査

外壁を張る前外壁を張ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上
設けられているかなど、ちゃんと防水対策がされているかをチェックします。

4.完了検査

雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理がされているか、貫通配管やバルコニーが設計図通り
になっているかをチェックします。室内の設備チェックではありません。


これまで、倒産したら心配だから「大きいとこ(会社)に頼もう」といった安直な理由で業者をえらんでいませんでしたか?

●住宅の新しい保険をご存知ですか?

住宅の場合、建築業者には10年間の瑕疵担保保障義務がありましたが、業者の倒産などにより保障が
受けられなくなってしまうという問題が生じていました。
平成21年10月1日より、住宅瑕疵担保履行法がスタートします。この法律は、新築住宅を供給する
事業者に対して、瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けるものです。
平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅が適用対象です。
万が一、事業者が倒産した場合等でも、2000万円までの補修費用の支払いが保険法人から
受けられます。

●保証の対象となる部分
木造 鉄筋コンクリート造
   
こだわりの家づくり 詳しくはこちら 久佛建設のリフォーム 詳しくはこちら 安心安全の家づくり 詳しくはこちら
どうぞお気軽にお問合せください TEL:0952-52-0217 E-mailはこちらから
[Link] インフルエンザ マスク